About

事業会社での経験が豊富なディレクタークラスのメンバー

Bloom&Co.のアドバイザリメンバーは、P&Gなど、事業会社で15年以上の成長戦略の策定、実行の指揮、および、人材育成を行ってきた実務経験の豊富な人材です。そのため、事業会社の理想と現実を自己体験として深く理解しています。認知・好感度といった売上と直結しない広告効果ではなく、売上・利益などの事業目標を達成するために獲得すべき顧客セグメントの特定から、その顧客セグメントの深い理解、そして、自社の強みに立脚した持続性のある成長戦略の策定と、効果を最大化する最高の実行、そして、戦略実行後の効果分析と示唆出しによるPDCAまで、一連のプロセスを事業会社において、組織の指揮を取り、人材を育成してきたメンバーが、プロジェクトで伴走してご支援します。また、グローバル企業での実務経験から、バイリンガル(日・英)でのご支援も可能です。

売上成長を加速させる「バリュープロポジション」の発掘

数ある選択肢の中から顧客に継続的に選ばれるためには強い「バリュープロポジション(独自の提供価値)」が必要です。このバリュープロポジションの強度によって、TAM(Total Addressable Market:製品やサービスが獲得可能な最大の市場規模。製品やサービスが最大どれだけの総需要を生み出せるかの年間総額)が変わります。データとファクトに基づき、持続的に競争優位性を生み出すことができ、売上が最大化されるバリュープロポジションを、説明力高く定義することで「感覚的なマーケティングからの脱却」が可能になりますなお、バリュープロポジション次第で、テレビCMやデジタル広告など、広告の投資対効果は数倍変わるため、広告投資の投資対効果を高めるためには、まず、持続性を競合優位性の高い強いバリュープロポジションを先に定義することをおすすめします。

デジタル ✕ グローバル

事業をスケールさせるためには「マーケティング」「デジタル」「グローバル」の3つのドライバーが大切です。Bloom&Co.では、顧客インサイト起点のマーケティングと、100を超えるスタートアップの支援経験から、定義したバリュープロポジションを、マスマーケティングのみならず、デジタルマーケティングや、戦略PRを持ってターゲットに浸透させる知見や経験が豊富にあります。また、国内のみならず、英語圏、中国語圏へのマーケティングも可能に。海外市場のマーケティング統括をしていた経験のあるディレクタークラスのメンバーと共に、国内外の市場において、顧客インサイト起点で、強いバリュープロポジションを発掘し、定義した独自価値を、デジタル・モバイルを通して世界中の顧客に届けることで、シームレスなグローバル展開が可能になります。

戦略を最高の実行と結果に変える「最高のパートナー」

戦略だけでは「机上の空論」です。実現可能性のある強い戦略を、100%、またはそれ以上の「再現性」で実行することで、結果は最大化されます。そのためには、実行すべき戦略に基づきベストな実行パートナーを組成し、共通の顧客理解を元に、戦略を最高レベルの精度で実行に落とし込む必要があります。Bloom&Co.では、ご支援先の成功第一主義により「餅は餅屋」の考えで、各エリアにおける国内外のトップ企業との提携や連携を行っています。それにより顧客インサイト起点で定義された戦略も、そのチカラを最大限に発揮します。

持続的な事業成長を可能にする「ツール」と「人材育成」

事業成長は、一時の話題作りではなく、継続成長して初めて評価されるべきものだと考えます。インパクト重視の一時的な話題作りは、翌月には過去の遺産になってしまうからです。Bloom&Co.では「持続性のある事業成長」を最重要と捉え、独自のフレームワークのトレーニングや顧客インサイトの理解を内製化するなどのトレーニングなど、持続性のある事業成長に必要なツールや人材育成サービスを提供しています。また、世界中の数あるツールの中から、持続的な事業成長に資するツールを我々の経験から厳選し、その中から、ご支援先の事業成長に最適なツールをご紹介します。なお、Bloom&Co.は、ご支援先の成功を第一優先するために、常に中立性を保つことを大切にするため、メディアをはじめ、一切のマージンビジネスを行いません。そのため、必要なツールも、そのようなマージン分を割り引いた価格で、ご支援先にご紹介できるため、投資対効果は更に高まります。

Office

国内のマーケティング支援のみならず、海外展開や、日本市場進出のご支援も可能です。

TOKYO OFFICE

東京都渋谷区猿楽町18−8 ヒルサイドテラス F-201

お問い合わせください

企業規模や事業の種類によって、マーケティング上の課題や取るべきアクションは異なります。
課題感をお伺いし、マーケティング上の課題や、取るべきアクションをお伝えします。