Bloom & Co.

ユニコーン企業の日本進出(Japan entry)マーケティング施策の成功により、日本市場が「Fastest Growing Country」となった。

Slack Japan

Background

US San francisco発のビジネスコラボレーションハブSlackは、現在(ケーススタディ作成時)全世界1,000万人の日間アクティブユーザー(DAU)を抱えている。日本でも日本語版導入をした2017年11月時点で、31.5万人の日間アクティブユーザーがいた。SlackのUS本社は、日本市場を戦略的に重要な市場として、Slackの日本語版のリリースを計画し、日本市場で本格的にユーザー数を爆発的に伸ばすためのマーケティング戦略の策定と施策の開発する必要があった。

Process

日本には約3,000万人のビジネスパーソンがいる。Slackのような革新的なサービスのマーケティングにおいて、最初にどの100万人を狙うのかを決めた。ターゲット候補となるビジネスパーソンの定性インタビューを行いターゲットの意思決定プロセス・インサイトを深く理解すると共に、定量データを平行して分析することで、Slack独自のユニークな価値を明文化していくことができた。またSlackの歴史・プロダクト・ブランドを踏まえた上で、USのユーザーと日本のユーザーとの共通点と相違点を適切に反映させることで、グローバルの資産を活かして、日本で勝つためのマーケティング戦略を立案した。

それらをもとに動画広告や戦略PR・パフォーマンス型広告の内容と、ビジネスパーソンに価値を伝えるためのタッチポイントを決定し、Slackのグローバルでのブランドのコアは保ちつつ、日本独自のインサイトに深く届くホリスティックなマーケティングコミュニケーションを実施した。

01 2

Result

日本でのユーザー数が2017年11月から約半年で30万人から50万人へ急成長した。大手企業でも導入が進み、2018年9月よりヤフーが全社導入、売上の8割以上を海外売上が占めるグローバルな製造業である武蔵精密工業株式会社でも2018年1月より全社導入されるようになり、当初の戦略通り、IT系スタートアップ企業以外でも広くSlackが使われるようになった。結果として、日本市場がSlackにとっての海外新出先で最も大きなユーザー数を記録し最速の成長スピードを実現することに寄与した。

Other cases

  • 日経電子版リリース以来、過去最高の月間新規有料会員者増を達成。ビジネスパーソンの視座を高める日経電子版。
  • ユニコーン企業の日本進出(Japan entry)マーケティング施策の成功により、日本市場が「Fastest Growing Country」となった。
  • デジタルを活用したビジネスの拡大へ。全国数十万台の自動販売機でのドリンク購入をお得で楽しい体験へ変えていく「Coke ON」
  • ペイメントアプリ激動の中、ファミリーマートの強みを最大限に活用したバーコード決済機能付きアプリのローンチ戦略の策定と実行
  • 85年の歴史を持つ伝統的な一流ホテルのブランドのコアの定義とブランド戦略に基づいたアクション
  • 世の中に新しい価値を生み出し新領域を切り開く、スタートアップのマーケティング支援
  • 年次成長率300%超。新領域をリードするスタートアップのマーケティング支援
  • 先行する競合サービスのメガブランドにも、追いつき、追い越す大幅な指名検索数の増加を数週間に渡って達成。